松谷卓最新情報

    松谷 卓について

    松谷 卓という作曲家をご存知でしょうか?彼は『大改造!!劇的ビフォーアフター』のテーマソングを手掛けた人物です。番組中やCMで流れるあのチャララララララララーン チャララーンラーン…♪とというピアノ楽曲は誰もが一度は聞いた事があるかと思います。
    このサイトではそんな劇的ビフォーアフターをはじめとする印象的な曲を生み出す松谷 卓が音楽をプロデュースしたTVや映画作品について解説していきます。

    経歴

    松谷 卓(まつたに すぐる、1979年8月26日 - )は、静岡県出身のピアニスト・作曲家及び編曲家である。静岡県立藤枝東高等学校卒業。血液型はAB型。

    幼少の頃よりピアノと日本舞踊を習い始める。
    藤枝東高校在学中は音楽部(吹奏楽部)に在籍し、クラリネットとピアノを演奏し、ポピュラー曲の吹奏楽アレンジも担当した。2年生の時に、静岡音楽館AOIの主催するオーディション「静岡の名手たち」に合格し、翌年、静岡音楽館にてピアノリサイタルを行った。学内でも、学園祭の時に音楽室でピアノリサイタルを開催した。東京藝術大学を受験するが、失敗。
    高校卒業後の1998年、エピックレコード(現・エピックレコードジャパン)から『EPOCH 1 / PLATFORM』、続けて1999年には『EPOCH 2 / CRIMSON』をリリース。しかし、当時は余り話題になることはなく、2000年10月にテレビ朝日で放送された「スクープ21」の番組テーマ曲として『EPOCH 1 / PLATFORM』から「Inscrutable Battle」が使われたくらいであった。それでも松谷はCMや舞台、テレビ番組などで使用する音楽の作曲活動を続けていた。
    松谷の名前を有名にしたのは、2002年4月にスタートした朝日放送の建築ドキュメンタリー番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」で彼の楽曲が使われたことであった。テーマ曲に「Inscrutable Battle」が、挿入曲として「TAKUMI/匠」(これは新たに書き下ろしたもの)等が使用され、問い合わせが殺到した。これを受けて2003年8月、この番組で使用された楽曲を集めた4年振りのアルバム『ビフォー・アフター(Before After)』をリリース、ロング・セールスを記録するヒット作となった。また、翌2004年9月には第2弾とも言える2枚組アルバム『ビフォー・アフター・コンプリート』を発表した。この2枚組アルバムに関して松谷はピアノ雑誌のインタビューで、「まさか2枚組のアルバムを作れる程になるとは、自分自身が一番驚いている」とコメントしている。
    また、2003年12月にリリースした『アンフォルメル(informel)』にボーナストラックで収録された「Stargazer」がテレビ朝日のニュース番組「スーパーJチャンネル」の17時台テーマ曲として2003年9月から2010年3月まで使われていた(2005年10月から18時台は『Montage(モンタージュ)』に収録されている「supernova」を使用していたが、CM前のアイキャッチ及び2009年7月までの週末版オープニングで聴くことができた)。
    その後は引き続き作曲活動を続ける傍ら、全国各地で行われるコンサート「live image」へも参加している。2005年11月20日にはテレビ朝日の「題名のない音楽会21」にも出演した。2004年10月公開の映画『いま、会いにゆきます』では全ての音楽を担当しており、11月にオリジナルサウンドトラックも発売された。同じく担当した『県庁の星』のオリジナルサウンドトラックも2006年2月22日に発売した。また、2007年1月から放送したフジテレビ系アニメ「のだめカンタービレ」の挿入曲「のだめラプソディ」(第3回に初出。ストーリー上では千秋真一の作品とされている)も作曲した。
    またテレビ朝日で放送されていた「二人の食卓 ~ありがとうのレシピ~」、「S -THE STORIES-」の音楽も担当していた。
    2008年8月に、東京都産業労働局が制作した観光DVD「TOKYO COLORS」のオリジナル・BGMを担当した。